ヤマト運輸株式会社様

お客さまの声が集まるブランドの窓口として、
デジタルの進化から顧客満足の深化を創造する。
ヤマト運輸株式会社様

ヤマトコンタクトサービス(以下YCS)は、ヤマト運輸様のコールセンター業務を2008年より受託し、ビジネスパートナー以上の深い関係のもと包括的なソリューションを提供してきました。

ネット通販で買い物する生活スタイルが浸透し、さらに新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛が拍車をかける状況下にあった2020年11月、ヤマト運輸様とYCSはお客さまの電話対応にAIオペレーターの導入を実現しました。宅配便業界にとっても大きなターニングポイントとなるシステム導入をYCSと二人三脚で取り組まれたカスタマーサービス部 牧崎様にお話を伺いました。

ヤマト運輸株式会社 カスタマーサービス部 品質管理課 課長 牧崎 尚之様

ヤマト運輸株式会社

カスタマーサービス部 品質管理課長

牧崎 尚之様

ヤマトコンタクトサービス株式会社 ICT戦略部 部長 澁谷 毅

ヤマトコンタクトサービス株式会社

ICT戦略部長

澁谷 毅

今回のクライアント様紹介
ヤマト運輸株式会社様

1919(大正8)年に創業。1929(昭和4)年に日本初となるトラックによる「路線」事業を経て、1976(昭和51)年に「宅急便」事業をスタートさせる。
ゴルフ宅急便やクール宅急便など「個人から個人へのお荷物を翌日に配達する」ことから始まった宅急便を次々と進化させると共に、宅急便コレクトなどの付加価値サービスもeコマース分野のサービスを開拓し、「お客さまにとってのいいサービス」を追求し続けている。
さらに2019(令和1)年に100周年を迎えたヤマトグループの中核企業として、地域が抱える少子高齢化や過疎化、災害に対する自治体連携、物流業界全体のサステナビリティといった社会的な課題に正面から向き合い、積極的に取り組んでいる。

この導入事例の提供サービス

totop