株式会社カトージ様

企業コンセプト「楽しいベビーグッズを。」を、
お客さまお問い合わせ窓口で体現する、YCSの対応力。
株式会社カトージ様

「楽しいベビーグッズを。」をコンセプトとして、ベビーベッド、ベビーチェア、ベビーカーなどオリジナル商品や海外ブランド商品を5000アイテム以上取り扱うカトージ様。商品に関するお問い合わせから修理・返品交換、WEBショップ、そしてクレームに至るまで、一般のお客さまからのお問い合わせに対して従来は社員の方々が電話で対応していらっしゃいましたが、2017年から一次対応窓口をヤマトコンタクトサービス(以下YCS)にご依頼いただいています。オシャレなアイテムを取り扱い、数多くのファンを持つカトージ様は、お問い合わせ業務においてどのような課題があったのでしょうか。依頼の経緯やソリューションの成果などについて、品質管理部の松井様にお話を伺いました。

株式会社カトージ 品質管理部 松井 慎吾 様

株式会社カトージ

品質管理部

松井 慎吾様

ヤマトコンタクトサービス株式会社 営業戦略部 山下 和也

ヤマトコンタクトサービス株式会社

営業戦略部

山下 和也

今回のクライアント様紹介
株式会社 カトージ様

1954(昭和29)年、ベビー用品の卸商「加藤治商店」として創業。
1980年代前半に「これからはベビー用品もデザインの時代が来る」との確信と共に卸商からメーカーに転身。
「楽しいベビーグッズを。」という企業コンセプトのもとで、ベビータンスからベビーチェア、ベビーベッド、玩具へと自社製品のバリエーションを増やすと同時に、デザインと機能に優れた海外ブランドを発掘し、正規輸入代理店として卸売・直販事業を展開。さらにOEM生産などのビジネスにも領域を拡げる。
「スピード」「デザイン」へのこだわりを基本的なDNAに、少子高齢化やグローバル化の進展など日本の転換期を見つめながら、「楽しいベビーグッズを。」を合言葉としたものづくりを追求している。

カトージ様

この導入事例の提供サービス

totop